国民の特権の事件について受講をしていました

町民の権威について練習しました。憲法は、町民自治の規定にもとづき、自治体の首長・議会の議員の公選を定めています。また、1つの自治体のみに適用される特段法(広島和やかおみやげ大都市建設法、長崎インターナショナル因習大都市建設法など)の設定には、町民投票(レファレンダム)でその大方の得心が必要であることを定めています。どんどん、田舎自治法では町民がダイレクトエントリーもらえる権威(ダイレクトエントリー特典)が定められています。こういう時、法令の設定や改廃を請求する権威は町民進言(イニシアティブ)であり、首長・議員などの解職や議会の解散を請求する権威は町民解職(回収)だ。そのほか、経理や職務の監査エントリーも認められているそうです。最近では、町民投票法令による町民投票が各所でおこなわれるようになりました。町民の感覚を田舎の自治体に反映させる有効な手段であり、中学校やハイスクールの投票を認めている自治体もあるそうです。知らない言葉ばかりだったので勉強になりました。マカMIU

国民の特権の事件について受講をしていました